2017年ありがとうございました

例年12月はバタバタして大晦日に突入しがちではあるのですが、今年は割とゆったりスケジュールでしたので来年に向けた準備をコソコソと続けておりました。
そんなわけで取り急ぎ1人セブンの蕎麦を食べ終わってこれを書いています。

今年はやはり一つ自分の仕事に覚悟を決めた年という感じでしょうか。そしてやはり覚悟は音に出ますよね。
なにがあってもあえて言葉に出した方がいいものと、あえて言葉になんか出す必要はないもの、この二つの自分なりの言葉がいろんな人から見たり聞いたりして教わった気がします。
自分はギターを弾くのが仕事ですし、基本はギターからなにかを語れる事が出来ればそれでいいわけですが、僕は人間ですからね。ギター以外の所も含めてギターリストですから、そして常に1人はなく総合的なチームとして作るのが僕にとっての音楽ですからね。
ただ音楽はプラモデルとかそんなんじゃなく、1人の誰かが決めた設計図をその通りに動かせば絶対完成で上手くいくってわけじゃないですから(少なくとも僕にとっては)、そこを自分の力でどこまでどうできるかっていうのがやりがいですよね。
そこは基本、ライブでも録音でも僕的にはいつも一緒です。とにかくまずそこで一緒にいて一緒にやる人達を巻き込んで笑わせられなかったらその先の見たり聴いてくれる人達に何かが伝わる事はない気がしますし。

こないだお酒の席で、とある人に「人生の目標は何ですか?」と聞かれたのですが、なんだろうな〜ってちょっと考えた末、
「具体的にこうなりたいっていう目標は特に無いんだけど、特に誰にも負けるつもりは無い」
って答えたら笑われたのですが、まあやっぱなんかそんな感じですよねスタンスとしてはきっと。
まだまだ自分で自分のことなんか半分も分かって無い気もしますし、その分まだまだなんでも出来る気もしますし、自分で自分を形にはめるには人生まだまだ早いかなっていう感じです。

というわけでなんだか総括なのかなんだかわかんない文章になりましたが、今年のまとめはこんな感じです。いつも天の邪鬼ですいません。
今年も色んな演奏機会をくださった皆様、本当にどうもありがとうございました。
2018年もロケンローでいかせていただきますのでどうぞよろしくどうぞ。
では、良いお年を。

ほりざき

[PR]

by maniacsounds | 2017-12-31 22:56 | 日記っぽいやつ | Comments(0)