芸の道は深い

e0114270_0315257.jpg

どうも、静岡キッド・ほりざきです。
昨日は落語ブルースバンドin西川口寄席でございましてどうもありがとうございました。初めてのプロの落語家さんとの共演は、噺の間、抑揚、それぞれのスタイルなどなど色々な面でとても勉強になりました。でも昔から伝わるものを自分の中で自分なりに消化し、ステージでお客さんの反応を見ながら噺を合わせていったり変えていったり、またはそれでも自分を貫いたり、そしてそれを繰り返しつつ自分を現場で作り上げつつその寄席=ステージに出ることで一生生活していくという覚悟、まさにブルースマンそのものだと感じました。日本には昔から着物を着たブルースマンがいたのですね。
そして昨日の目玉はもう一つ、そんなプロの落語家さんとの初めての大喜利でございました。事前にライブのラストに大喜利があるとは聞いてましたが、まさか本物の笑点方式で全三問(あいうえお作文、なぞかけ、やりくり川柳)をガッツリとやり、そしてそれにバンドメンバー全員が出て且つ一人が一つずつ回答者席に座ることになるとはまさか思いませんでした。しかもガッツリ40分ステージです。本番、いざうまいこと言おう言おうと思うとなかなか出てこなかったり、でもとにかく手はガンガン挙げなくてはいけなかったり、でも思いがけない事がウケたり、まさかの落語家さんイジリをしてみたり、いやはや緊張してなんか変な汗が出ましたが、でも自分の頭の中にある言葉をとっさの判断で選んで組み合わせて即答えていくというその容赦ない感じも、ステージでのとっさの判断というか、またなんかブルースに繋がることもある気がしまして、変な汗はかきましたがとても楽しかったです。大喜利おそるべし。
そんなこんなでまたこういう機会があれば是非参加したいと思います。そして次回落語ブルースバンドも是非是非よろしくどうぞ。またすぐ発表します。
そんなわけで、最後に僕が渾身の思いで出したなぞかけで締めとさせていただきます。
「鳩山首相」とかけまして「ダイエットととく」、その心は「必要なモノまで削ってはいけませんよ」
では。
[PR]

by maniacsounds | 2009-10-18 00:32 | ライブ情報 | Comments(0)